マイナンバーの保管について

2016年1月からマイナンバー制度が始まりました。

全ての国民ひとりひとりに番号をつけて、税や年金、社会保障などの手続きに活用されます。複数の機関が保有する個人に関する情報を、マイナンバーを通して紐づけることで、行政の事務手続きにかかる時間・労力が削減され、私たちが日々利用するサービスがより正確でスムーズになります。ですが便利になる反面、それによる個人情報の流出も危惧されています。ひとりひとりが自分の番号をしっかりとマイナンバー保管をすることも大切ですが、それ以上に、企業もまた厳重な保管体制が求められています。源泉徴収や社会保険に関する手続きなど、従業員のマイナンバーが必要となる場面は多々あります。

番号が記載された通知カードのコピーなどのアナログなデータであれば、金庫などに収納し、施錠管理を徹底するなどの体制が求められます。アナログよりも便利なデジタルのデータであれば、マイナンバーを扱うパソコンはネットワークに接続しない、一部の人間のみデータにアクセスできるようにする、などのセキュリティ対策の強化が必須になります。保管と同じく、廃棄の方法も重要です。廃棄書類はきちんと細かくシュレッダーにかける、データであれば削除専用のソフトウェアを利用する、などの確実な廃棄方法が必要となります。また、廃棄作業を専門の業者に委託するという方法もあります。今後ますますその利用シーンが増えていくであろうマイナンバーですが、便利で安心できる社会を作るためにも、その管理をしっかりと行っていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です