注目のマイナンバーのBPOサービス

マイナンバー制度が開始され、企業は従業員だけでなくその家族の個人番号を管理することが必要です。

これまでなかった業務が増える事になるのです。人員増、作業負担が増えないように今BPOサービスが注目されているのです。企業は従業員の社会保険の加入手続きや給料の所得税を徴収していますが、この手続きにマイナンバーが必要になってくるのです。社会保険や税金の分野で使用するマイナンバーは通常の個人情報とは違い、より厳格な取り扱いが求められるのです。それは利用、収集、保管といったことで、まず利用するのは何のためなのか周知をしなければなりません。要は従業員が利用目的を理解して提出をするということが必要となります。収集ということでは、その手段も考えなければならないのです。

より厳格の取り扱いということでほかの人が容易に確認出来る場所に置いておくこともできません。取り扱いを行う人と場所を決めてそこで収集作業として個人番号の確認と本人確認を行うことになります。保管についても同様に取り扱いに注意が必要であり、情報が漏洩しないようにすることです。専用のシステムで管理することが望ましく、インターネットなど外部との接続は切り離しておく方がよいということになります。このように運用を企業で行うと仕組みが必要ということと、人員増、作業負担にもなってしまうので、マイナンバーBPOサービスを使用します。BPOサービスはマイナンバーを取り扱う専用の仕組みを構築しているため利用、収集、保管といった運用を任せてしまうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です